アパート建築は知らないことの連続

投資物件のアパートを建築する

投資物件のアパートを建築する設計は入居者を設定して建築業者に一任簡単に組み立てて早く完成する建築方法は諦めた

親から相続した広い土地がありましたがそのままにしておくのはもったいないと感じ、アパート建築をしようと考えました。
いわゆる、今流行の不動産投資物件と呼ばれるものになります。
アパートを建築すると言っても全く知識がなかったためまずは勉強からスタートしました。
セミナーなどに参加して、アパートで投資をする場合どのようにしたらよいかなどの知識を少しずつ増やしていきました。
少なくとも、これから大きなお金が必要になるため、そのお金を借りるようにしなければいけません。
運の良いことに、私はすでに自分の家の住宅ローンも支払いを終えていたため、お金を借りる事は特に難しくなかったと感じています。
実際に、お金を借りるときの審査も一回で通りました。
借りた金額は、アパートを建築するときに必要な金額の3分の1ほどです。
後は、親から相続した土地の一部を売却しそれをアパートの建築資金にしました。
結果的に、アパートを建築することが出来るだけのお金を手に入れたわけです。
土地はすでにあるため、後は建築してくれる業者選びをしなければいけません。
調べてみると、様々な業者がある中で大手業者には魅力的なところもたくさんありました。
せっかく建築するならば、全く名前が知られていない業者よりも大手業者に依頼しようと考えました。
その結果、ある業者に依頼することに決まった訳です。
決まるまでは、それほど時間はかかりませんでした。